おなか端麗の成分について調べてみました。

 

 

おなか端麗は、効果抜群と口コミでも好評価の便秘改善薬です。

 

おなか端麗は、製薬会社の専門チームが開発し、200万包も売れているという大人気の商品です。

 

 

そんな“おなか端麗”の成分は…どんな成分が使用されているのか、気になりますよね!

 

 

ということで、おなか端麗の成分について紹介していきます。

 

 

まず、おなか端麗に使用されている成分は…。

 

・プランタゴオバタ末(1100mg)

 

・タイソウ末(37.5mg)

 

・パントテン酸カルシウム(7.5mg)

 

 

なんだかよく分からない成分ですよね…。

 

 

それぞれの成分について詳しく解説していきますね。

 

・プランタゴオバタ末(1100mg)

 

このプランタゴオバタ末という成分は、オオバコという植物の一種で食物繊維が90パーセントも含まれているそうです。

 

 

ごぼうの繊維のなんと…25倍もの繊維が入っているんです!

その働きは、便秘の予防や解消を促してくれるみたいです。

 

しかも、水を吸うことで、膨らむのでダイエットにも効果があると言われています。

 

 

・タイソウ末(37.5mg)

 

このタイソウ末は、漢方によく使われているもので、胃腸を整える働きをします。

 

タイソウ末もダイエット効果のある脂肪燃焼の働きもあると言われています。

 

 

・パントテン酸(7.5mg)

 

パントテン酸は、花粉症やアトピーなどのアレルギーにも効果があると言われています。

 

腸の働きを整えるのを助けます。

 

 

こうやって“おなか端麗”の成分やその働きを改めて見てみると…おなか端麗には、すごい成分がたくさん入っているんですね!

 

 

評判がいいのも納得です!

 

 

やぱっり、一番大きいのは食物繊維がたっぷり入っていることでしょうか。

 

あのごぼうの約25倍もの食物繊維が入っているとは、驚きです。

 

 

普段の生活の中で、食物繊維を取ろうと思っていてもなかなか取れませんよね…。

 

でも、このおなか端麗を毎日飲めば…食物繊維もちゃんと摂取することが出来ます!

 

 

他にも、ダイエット効果のある成分や、アレルギーに効果のある成分も入っているので、身体が健康になりそうです!


 
▼ 公式サイトはこちら ▼
カテゴリー : おなか端麗の詳細情報と便秘について